コストダウンのために|体にも環境にも優しい天然住宅に住もう|長く住み続けられる安心住宅

体にも環境にも優しい天然住宅に住もう|長く住み続けられる安心住宅

コストダウンのために

つみき

高い建蔽率と容積率

大阪は、関西で最大規模の都市として注目されています。昼間人口も夜間人口も多く、企業ビルや商業施設や住宅が、所狭しと建てられています。だからこそ昨今の大阪では、注文住宅の需要が高くなってきています。土地に限りがあるわけですから、それを生かした注文住宅を建てる人が必然的に増えているのです。具体的には、建蔽率と容積率のそれぞれが高い注文住宅が、さかんに建てられています。これらが高ければ、たとえ敷地面積が狭くても、延べ床面積は広くなるので、空間的な広がりのある住まいとなるのです。また、大阪は日本で2番目に平均地価が高いことでも知られています。したがって土地の購入負担を少なくするためにも、多くの人が敷地面積の狭い注文住宅を建てているのです。

建築資材でコストダウン

また注文住宅では、建蔽率や容積率だけでなく、建築に使う資材もオーナーが指定できるようになっています。建築資材の種類は多く、銘木から作られた無垢材もあれば、工場で大量生産できるものもあります。前者と比較すると後者は価格が安く、そのためこれを多く使った注文住宅にすれば、建築コストを少なめにすることができます。つまり、土地の購入負担だけでなく、建築の費用負担も少なくなるということです。さらに大阪では、土地にかかる固定資産税も高くなりがちですが、敷地面積が狭ければ、その負担も少なくなります。このように、土地の余裕が少なく、その分購入や維持に多くの費用がかかる大阪だからこそ、コストダウンができる注文住宅に人気が集まっているのです。

Copyright © 2017 体にも環境にも優しい天然住宅に住もう|長く住み続けられる安心住宅 All Rights Reserved.